スポンサーリンク

法人事業概況説明書の数字って切り上げ?四捨五入?それとも切り捨て?

法人事業概況説明書とは、法人の税務申告にあたって必須書類となるものの1つです。

概況説明書の名の通り、申告する会社の概要や状況をザクッと記入するものとなっています。

ちなみにコレは調査する際の資料になるという噂ですが、

これって本当に参考になるのでしょうか。。。

さて、この法人事業概況説明書ですがあくまで概況なので、

数字についてはごく一部を除き千円単位になっています。

となるとみなさまがぶつかるのは

千円未満の金額の処理はどうするのか

ということになります。

今回はサクッと結論を申し上げますが、

この法人事業概況説明書において千円未満の金額の処理は切り捨てとなります。

法人税の別表1の売上金額は切り上げなので、ついつい切り上げだと考えてしまう方も

いらっしゃるかと思いますのでご注意ください。

ちなみにソースにつきましてはは以下のサイト内にございます

【法人事業概況説明書の書き方(税務署所管法人用)】から確認することができます。

他にも書き方等気になるかたは見てみてくださいね。

申告手続に係る各種参考情報(国税庁HP)

このように書き方のところにはがっつり書いてはあるのですが、

わたしもよく「どっちだったっけ。。。」と忘れがちで

自戒も兼ねて今回記事にさせていただきました。

参考になれば幸いです。

それでは。