【良記事紹介】ショートカットキーを覚えて面倒くさがりを加速させよう。【Mac】

見た記事でいいものはよくTwitterで垂れ流す、もといつぶやいているのですが、
せっかくですし記事として紹介してもいいかなと思って文をしたためています。

Stocker.jp様

スポンサーリンク

ショートカットキーを制すものは時間を制す

この記事はテキスト入力全般について書かれているのですが、
わたしが参考にさせていただいたのはショートカットキーの部分です。

普段から面倒くさがりのわたしはことあるごとに時短のツールだったり、
その手の知識を探してネットの海に沈んでいるのですが、
ショートカットキーについてはつい後回しにしがちだったんですよね。

いや、購入当初に数種類最低限のものは覚えたんですが、
まだまだ矢印キーやトラックパッド、マウスに頼りっぱなしの状況でした。
そんな時に発見したのがこの記事で、わかりやすく書かれていたのでご紹介します。

「コピペぐらいしか。。。」という方はもちろんですが、
わたしのようにコントロールキー各種をしっかりとは活用できていない方は是非御覧ください。

地味に便利なショートカットキー

紹介したページにはたくさん便利なものが書かれているのですが、
その中でもわたしが覚えようと思ったものをせっかくですし引用させていただきます。

次の文字: control + F(FORWARD または FRONT)
前の文字: control + B(BACK)
次の行: control + N(NEXT)
前の行: control + P(PREVIOUS)

Macの基礎の基礎: テキスト入力と編集とテキストエディット編(Stocker.jp様)

単語の選択
(中略)
単語の先頭にキャレットがある状態で shift + option + →
単語の最後にキャレットがある状態で shift + option + ←

Macの基礎の基礎: テキスト入力と編集とテキストエディット編(Stocker.jp様)

キャレットの次の文字を削除: fn + delete または control + D(DELETE)

Macの基礎の基礎: テキスト入力と編集とテキストエディット編(Stocker.jp様)

他にも役立つショートカットキーはありますので、
詳しくはリンク先を御覧くださいね。

それでは。

スポンサーリンク

スポンサーリンク