で、結局医療費控除って何がオッケーで何がダメなの?(2018年2月16日最新)

2018年2月16日

随時更新型企画、スタートします

別名、私のメモ書きともいいますがそれは気にしない。。。

 

医療費控除ってどれが対象になって、どれが対象にならないかって

めちゃくちゃ難しいですよね。

正直会計事務所でもいっつもこの話題が飛び交っています。

 

ただ、この手の話題ってどうしても自分の中で終わらせてしまうケースが非常に多いです。

なので、せっかくなので私が調べたり、周りからものについては随時

こちらに追加していきたいと思います。

 

整理方法については、おいおい検討します。

バージョンが上がるにつれて見やすくしていくつもりですので、

ちょこちょこ見てってくださいね。

 

それでは以下、御覧ください。

 

眼科

ダメ

近視・遠視・老眼等によるコンタクトレンズ処方料

 

産婦人科

ピル(トリキュラー28等)

オッケー

・ホルモンバランスを整える用途(生理不順)

ダメ

避妊目的

 

歯医者

オッケー

入れ歯治療(過度のものは除く)

ソース:国税局HP「医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例」

 

以外なものが大丈夫だったり、大丈夫だと思ったのがダメだったりって本当に難しいです。

わかりやすいHPはどんどんシェアしますので、よかったら教えていただけると幸いです。

それでは。

スポンサーリンク

スポンサーリンク