スポンサーリンク

【2018年】読みそこねた本を書き出してみた【積読まとめ】

あけましておめでとうございます。

一年の計は元旦にあり、というようにみなさま今年の予定はもう立てられましたか?

わたしは、1月1日息をするように寝正月をしました。

今年の抱負は「自分に厳しく、他人に優しく」です、どうもするめでございます。

さて、暇さえあれば家に引きこもって本読んだりしているわたしですが、

2018年は消化より購入するペースのほうがだいぶ多く早かったです。

というわけで、自分への戒めとして家やデータベースに積読してある本を

ここに並べて行こうと思います。

今年の年末は書評の内部リンクで埋め尽くせれば。。。

目次

上司からもらったコンサル本

ふと上司から頂いた本です。

製造業のコンサルティングについて取り上げている本って

自分の興味の範囲内で買う機会がなかったので嬉しいプレゼントでした。

”人財”を諦めない組織改革を学ぶ

昨年読んだ本の中で参考文献として挙がっていたものを仕入れました。

組織の作り方について学びたいと思っていたので、これは早めに読んでおきたいです。

ITが発展するなかで軽視されがちな”人財”ですが、

意思決定という分野は想像しうる限りあと10年は人にしかできないですからね。

生産性という言葉の裏にある人財の存在をしっかり学び取ります。

スポンサードリンク

経営の神様に学ぶ決断力

実家の本棚から失敬していた本。

稲盛和夫さん著書は何冊か読んでいたのですが、

松下幸之助さんの本は「道を開く」を軽く読んだぐらいだったので、

もう少し考え方を学ばせていただこうかと思います。

マッキンゼー人事担当に学ぶ日本社会に必要な人物像

採用基準
伊賀 泰代 ダイヤモンド社 2012-11-09
売り上げランキング : 2029

さきほどご紹介した「生産性」の著者の前の作品です。

人事業務をしたことはありませんし、現状予定もありませんが、

求められる人財、そしてその能力について学んでおくことは

これからフリーランスとして生き抜くなかで必要となってくると思い手に取りました。

スポンサードリンク

「日本で一番大切にしたい会社」の社長から学ぶ

古巣の先輩からいただきました。

よくある自己啓発本かと思いスルーしていましたが、

著者の近藤さんは「日本で一番大切にしたい会社大賞」の

第1回中小企業庁長官賞を受賞した会社の社長でした。

もしかするとその方の考え方が学べるかもしれないので、一読してみる予定です。

MAP経営の社長から学ぶ経営計画

未来をカタチにする「経営計画」
高山 範雄 明日香出版社 2010-11-09
売り上げランキング : 971279

会社の大掃除の際、過去の書籍ということで廃棄対象になっていたので

失敬、もとい頂いてきました。

経営計画ソフトであるMAPには非常にお世話になりました。

考え方や計画の際のアプローチを学んでクライアントの計画策定

の精度をあげたいですね。

スポンサードリンク

障がいに対する理解を深める

これも古巣の上司からいただきました。

身内に障がいを持つ人がいるので、ある程度の理解はあるつもりですが、

全体の境遇であったり状況までは把握していません。

上司がそこまで考えてわたしに渡したわけではないでしょうが、

いい機会ですので改めて障がい者について見つめ直したいと思います。

【読了済】育児本? それとも自己啓発本?

思い出せませんが、気がついたら手元にありました。

人を育てる本っぽいです。

人材育成にはそれとなく興味があったので、せっかくですし読んでみようと思います。

【2018/1/6 追記】

読みました。

書評書いておりますので、気になる方はご確認ください。

育児と人の育て方は一緒?~一流の育て方/ミセス・パンプキンほか~

スポンサードリンク

思考作業の洗練する

[新版] MBAクリティカル・シンキング
グロービス・マネジメント・インスティチュート ダイヤモンド社 2005-11-05
売り上げランキング : 37487

なんでこれ紙ベースしかないんだ。。。

泣く泣く紙ベースで仕入れました。

ロジカルシンキングのハウツー本を何冊か読んだ中に必ずと言っていいほどの

確率で参考文献として挙がっていました。

思考のアプローチ方法についてはまだまだ未熟なところがあるので、

この本でしっかり落とし込めたらいいなと思っています。

ロジカルシンキングのフレームワークを体系的に学ぶ

問題解決プロフェッショナル「思考と技術」
齋藤 嘉則,グロービス ダイヤモンド社 1997-01-01
売り上げランキング : 11066

ロジカルシンキングの入門書に書いてあった参考文献です。

ゼロベース思考、仮設思考、そしてロジックツリーについて

詳細に解説してくれているとのこと。

こういう本ってなかなか読んで満足してしまいがちですが、

使ってなんぼのものなので学んですぐ使っていく、というスタンスを取りたいですね。

スポンサードリンク

「習慣→性格→運命」の流れを作り出す

作者買いです。

わたしが今使ってるEvernoteなどのツールの使い方はこの方から学びました。

タイトルでも書いてあるように習慣って確かにある程度続くと、

良い意味でも悪い意味でも続いてしまうんですよね。

それとなく重要性はわかるのですが、

言語化まではできていないのでこの本で落とし込めたらと考えています。

厳しくするのはナンセンス?

Twitterでおすすめされていたので、買いました。

誰がオススメしていたかは失念しました、申し訳ないです。

個人的に指導方法として昔ながらの「ガンガン厳しく」戦法には

真っ向から反対する姿勢なので、

自分の考えを補足する本として是非とも読んでみたい作品です。

スポンサードリンク

意見が相反するときの対処法を学ぶ

友人から勧められて購入した本です。

医療の分野なのでいやいや、と一度は難色を示したのですが、

聞いてみると意外と身近な内容でした。

著者の言う信念対立と呼ばれる「それぞれの考え方のぶつかり合い」に対して

どう対処したらいいかというのはどんな人でも必要なスキルです。

そこそこ分厚いのでだいぶ心構えが必要ですが、

今年中にはなんとか読破しておきたい作品ですね。

最強の棋士が語るAI

人工知能の核心 (NHK出版新書 511)
羽生 善治,NHKスペシャル取材班 NHK出版 2017-03-08
売り上げランキング : 90989

タイトル買いだった気がします。

すみません、この辺になると買った理由すらあやふやになってきました。

これが積読の弊害か。。。

わたしたち会計業界もAIの発達によって危うくなる業界の一つでもあるのですが、

将棋などのボードゲームがそれより早く侵犯されてくる界隈だと思ってるので

非常に楽しみです。

スポンサードリンク

家事のモチベーションをあげる

タイトル買いです。

あと当時セールで安かったのも大きいですね。

家事が本当に嫌いで、最小限のコストで終わらせたい一心で購入しました。

まあ好きになるのが一番なんでしょうけど。。。

出口さんシリーズで学ぶ

文章の書き方について改めて勉強したかったので購入しました。

この人の作品は学生時代に何冊か読んたことがありましたので、

安心して買うことができました。

スポンサードリンク

科学者が描く日本の未来像

友人からオススメしてもらった本です。

ホリエモンと共著で1冊出していたのは知っていたのですが、

詳しくこの方については存じ上げないので一冊読んで遅れを取り戻します。

命の使い方を考える

古巣の人が読んでいるのを見かけたので買ってみました。

やることが大事なのか、やる場所が大事なのか、

それを教えてくれる作品だと期待しています。

スポンサードリンク

古田土(こだと)会計の財務入門書

会計業界では有名な会計事務所をコンサルティングする会計事務所の所長が書かれた本です。

この会社のセミナーには行ったことがありますので、

もしかすると重複する内容があるかもしれませんが復習も兼ねて

一度読んでみようと思います。

ギャンブルに魅入られた経営者の人生を辿る

最初に入った会社のクライアントからオススメされました。

勧められたのはだいぶ前なのですが、完全に存在を忘れていました、すみません。。。

経営についても取り上げているようで、ギャンブルの恐ろしさだけでなく

製紙業についても学べるかなと期待しています。

スポンサードリンク

不安と向き合う方法を学ぶ

新訳 道は開ける (角川文庫)
D・カーネギー KADOKAWA/角川書店 2014-11-22
売り上げランキング : 147906

知る人ぞ知る名著、らしいです。

クロネコヤマトの歴史と経営学を学ぶ

どう考えても個人配送って儲からないはずなんですが、

その市場にあえて突っ込んだ元社長が書かれた本です。

自分たちが受けているサービスほど本来であれば知っておくべきなのに

無関心になりがちなんですよね。

その反省を込めて読んでみたいと思っています。

スポンサードリンク

倒産パターンを学ぶ

あの会社はこうして潰れた 日経プレミアシリーズ
帝国データバンク情報部藤森徹 日本経済新聞出版社 2017-04-11
売り上げランキング : 16523

明日は我が身ですね。。。

ちなみに、わたしはこの会社の一次面接で落ちました。

企業戦略を学ぶ

入門編は読んだんですが、理解が浅かったのか印象に残ってないんですよね。

これも古巣を始めとしていろいろな人からオススメされるので、

なんとか今年中に読んでみたいですね。

スポンサードリンク

数字×ロジカルシンキング

会計事務所に努めていたにもかかわらず、数字に弱いというぶっちぎりの弱点

直すべく購入しました。

データ分析はいたるところで使う機会があるので、是非とも身につけたいところですね。

自己啓発本の原点

人を動かす 新装版
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博 創元社 1999-10-31
売り上げランキング : 1078

デール・カーネギーはあまりにも有名ですよね。

マネジメントだけでなく人とのコミュニケーションにおいて必要なスキルについて

書かれているので、下手な最近のハウツー本読むぐらいなら

この一冊で十分とも言われています。

まあ、ただ昔の本は得てして読みにくいのは否めませんが。。。

スポンサードリンク

ケーススタディで学ぶ業務効率化

仕事の「ミス」をなくす99のしかけ
松井順一 日本能率協会マネジメントセンター 2014-05-31
売り上げランキング : 26394

ちょこちょこ読めるのが逆に仇となって読めていない作品。

少し後回しになりそうですが、ポイントだけ読んで皆さんにご紹介したいです。

名著の続編

重いんですよこれ。ただひたすら読むのに時間がかかる。

理由が単純に内容がはちゃめちゃ濃いからなんですが。

スポンサードリンク

東大・京大で一番読まれた本

一昨年ぐらいから積読しています。

情報が錯綜する今の時代こそ読む作品なのかなと思います。

会社の人は賛否両論だったので、ちゃんと自分で確かめたいですね。

これから必要なくなってきそうな技術だが。。。

ルーチンワークの中で一番時間を割かれがちなメールのやりとり。

別にメール自体が悪いというわけではありません。

メールというオフラインのコミュニケーションに無駄な時間をかけてしまうのが

問題なだけです。

ショートメッセージのやりとりの発展によって、

メールの慣習は減りつつありますがメッセージによる

コミュニケーションのスキルは共通、素早く・的確に。

もう少し早く読めればと思っていた作品ですね。。。

スポンサードリンク

会計のプロが教える経営計画策定方法

古田土会計は毎年経営計画を立てることで有名です。

しかもめっっっっっっっちゃ分厚いのを。

大学のシラバスレベルですね。

そんな計画を作る会計事務所のノウハウが詰まっているはずなので楽しみですね。

会議は手短に

会議は謎の満足感を提供してきます。

ただ、会議は物事を決めるために行うべきで満足感は本来必要ではありません。

サクッと終わらせて時間を浪費しないスキルをこの本で身につけたいところです。

スポンサードリンク

2024年以降生き残る人財になるために

タイトル買いです。

正直著者が「会社が一度死ぬ」と書かれている2024年までに新しい時代は到来しそうです。

そんな中でも自分自身のスキルを磨いて生き残るために読んでおきたい作品です。

人を動かすコミュニケーションスキルを学ぶ

LABプロファイルとは

「相手を動かす言葉を見つけ、行動に駆り立てるコミュニケーションスキル」らしいです。

カーネギー氏の「人を動かす」とあわせて学ぶことで、

人とのコミュニケーションを円滑にする自分になりたいですね。

スポンサードリンク

エクセルマクロを使って業務効率化

マクロは本当に手が出なかったスキルですね。

マウスのクリックを記録して、っていうのは使ったことありますが、

実際にコードを組んで、っていうところまではしたこと無いです。

マクロを組むのに時間がかかるので、なかなか手が出しづらいですが、

一度学ぶと恐らくルーチンワークは爆速になりそう。

不動産入門の一冊

セール買い。

業界も業務フローもさっぱりなので少しでも業界の知識が吸収できればいいですね。

スポンサードリンク

相続税入門の一冊

セール買い。

この一冊で対策まではできると思っていませんが、

あまり取組むことのない相続税について大枠が学べればいいなと思っています。

統計学をマンガで学ぶ

これもセール買いだった気がします。

統計学はプログラミングを学ぶにあたって必須だと聞いた記憶があるので、

今年プログラミングを学びつつあわせて読みたいですね。

スポンサードリンク

知的財産で自分を守る

友達に便乗して買った記憶があります。

ブランドの名前然り、技術然り、私達の周りのほとんどが法律によって

権利が守られています。

いざ自分が守られる立場になった時に、少なくともベースの知識は

身につけておきたいところです。

まあ今の所予定はありませんが。

貯金のハウツーを学ぶ

わたしは使いっぱなしでストックという概念が存在しないので、

フリーランスになった今こそ貯める技術を学びたい所存です。

(但し、実践するとは言っていない)

スポンサードリンク

戦略のフレームワークを学ぶ

事業戦略の決定につかうフレームワークについて解説してくれているようです。

ケーススタディが充実しているらしいので楽しみです。

マンガで相続を学ぶ

親はピンピンしているのですが、

人の生死に関わる知識は入れておいて損はないので購入しました。

相続税には苦手意識があるので、マンガで克服したいところですね。

スポンサードリンク

「幸せな小金持ち」シリーズ2作目

らしいです。

初めて知りました。

偶然シリーズ1作目も積んでいたのでラッキですね。

猛省します。

お金との正しい付き合い方を学ぶ

この人はお金についてよく書かれているイメージですね。

「20代にしておきたい17のこと」を読んで良かったイメージが残っているので

購入してみました。

スポンサードリンク

エクセルの基礎を学び直す

都度都度調べて対応していたエクセルの関数やらのテクニック、

覚えられたらなあと思い購入しました。

こういう覚えるだけで活用できるものはガンガン学んでいきたいですね。

1から1.1にする方法を学ぶ

イノベーションという言葉、最近よく聞く気がします。

ケーススタディが充実しているようですので、サクサク読み進められそうです。

スポンサードリンク

図解表現を駆使して説得力を高める

面倒なのでテキストベースでよく説明してしまうんですが、

やはりわかりやすさであったり訴えかけるパワーであったり図には

どうしても負けてしまいますね。

パラ読みするだけでも十分活用できそうなので、

早めに手にとっておきたいところです。

エクセル入門書

簡単な関数から分析の基礎までを体系的に学ぶことができる本だそうです。

もともとコンサルティング会社で行っている研修をまとめたものらしいです。

サクッと読んでご紹介する予定です。

スポンサードリンク

伝わりやすいプレゼン資料作成方法を学ぶ

最近外資やコンサルがタイトルに乗っかってる本が多いですね。

だからこうやって買ってしまう人間がいるんですが。

このハウツーは本当に早めに読んでおきたいところでした。

わたしのような遅れを取らないように皆さんに早めに紹介したいところですね。

「幸せな小金持ちシリーズ」のワークブック

こんなの買ってたんだ。。。

デール・カーネギーのラジオ講座書籍版

こうすれば必ず人は動く(文庫)
デール カーネギー きこ書房 2015-07-18
売り上げランキング : 11731

ラジオ講座を書籍化したもののようです。

リスナーの質問に答えていくケーススタディなようで、手軽に学べそうです。

耳をふさぎたい現実がここに?

タイトル買いですね。

タイトル負けしてないか少しレビューを見ると不安が押し寄せますが、それを含めてご紹介する予定です。

おわりに

多すぎでしょ。

本年も何卒よろしくお願いいたしますね。

それでは。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする