スポンサーリンク

プログラミング勉強本格化のお知らせ。

以前に一度記事として書いて以来ちょこちょこやっていたプログラミングですが、

古巣のお仕事が一段落(確定申告とかとか)したので本格的に始めようと思います。

一応古巣の会計事務所からの請負で生活できる程度にはお金は稼いでいるのですが、

いつまでもなんちゃってフリーランスで落ち着いているつもりはありませんので。。。

と、かっこよく言いましたが、

すみません、それなりにプライベートエンジョイしてました。

どうも、フリーター疑惑出てきます。するめ(@hengenjizai)でございます。

Pythonからは失敗だった可能性(振り返り)

学び始めた当初は

「時代はAI、Pythonだ!」

と意気込んでやっていたんですが、

よくよく考えると「で、どうやって経験積むの?」という事に気づき我に返りました。

イメージがつかないものを進めちゃいけない、これ大事。

というわけで、改めて順番も含めてどうやってプログラミングを習得していくか、

それを最初に見直すことに。

段取8割ですね、反省。

さてプログラミング言語、どれから学ぼう。。。

たまたま見つけたKindleの電子書籍での以下の記述を参考にしたり、

まずはオンラインプログラミング学習サイトである

Progateで学習を進めてください。

Progateにはいくつかコースがあるのですが、

①HTML

②CSS

③Javascript

④Ruby

⑤Ruby on Rails

⑥Git

上記のプログラミング言語を上から順番に進めましょう。

プログラミングスクールに行った友人からの情報を参考にすると

Rubyという言語を比較的優先して学ぶとよい感じみたい。

いくつか調べてみるとRubyはWebサービスやアプリの制作にも使える、

初心者にうってつけのプログラミング言語だとか。

それに加えて前述の書籍の記述のHTML・CSS・JavaScriptの3言語は

Webページを構築する際に使う言語ですので、いろいろ作ってアップしていくには

ベストな勉強の流れなのかなあと思っています。

今までの反省点として「学ぶだけ、インプットだけで終わっていた」

というのがわたしの中で非常に大きな部分を占めていますので、

以後覚えたことは積極的に出していけたらと思っています。

スポンサードリンク

プログラミングの勉強方法・使用サービス

勉強方法としては書籍だったりWebサービスだったりで考えています。

あと、前述の知人が行っているプログラミングスクールも割と本気で検討しています。

お金あるうちしか入れないですしね。。。(通帳の残高を見ながら

最後に同じような志の方のために今勉強しているサービス、教材をご紹介して

今回の記事は終えたいと思います。

Webサービス

Progate(プロゲート)

現在メインで使っているサイト。

一つ一つの単元が非常に短く、スキマ時間にできて好きです。

無料でもできますが、結構できる部分が限定されています。

(サービスが自分の肌に合うか試す程度にはできます。)

ちなみに、わたしは肌にあった人なので、先日から有料会員になって進めています。

Paiza(パイザ)

動画を見ながら学べる良サイト。

イヤホン必須なのでどこでもできないのがわたしにとっての唯一の難点。

無料でそれなりの部分まで学べます。

教材(書籍)

高校生向けを使うの? ええ、プライドは捨てました。

HTML・CSS・JavaScriptを中心に実践形式で勉強できます。

勉強を進めるに連れローカルフォルダにどんどんHTML形式貯まっていくので、

後々見返すときにも便利です。

良書の予感、いやホントに。

おわりに

今はHTMLとCSSですから、近いうちにWebページは作れるようになるはず。

調べるところによるとGithubの関係サービスでWebページを公開できるものがあるようで。

わたし得意のアップデート形式で覚えた知識をそこに少しずつアウトプットする形で

ページを更新していくのも面白いかな、とか思っています。

とはいえ、最低限プログラミングを楽しむことを忘れないようにしたいですね。

前にご紹介した本に脳科学的にも興味をもつことが覚えるために一番必要なこと、

とも書いてありましたし。

それでは。